ぷっくりしていて可愛いTシャツのスポンジプリント!

ぷっくり可愛いスポンジプリント せっかくオリジナルTシャツを作るなら、ひと味違うものにしたいという時には、「スポンジプリントを使う」という方法はいかがでしょうか。
スポンジプリントは、その名の通り、Tシャツに印刷したインクの部分がふっくら盛り上がって、まるでスポンジのような触り心地がする印刷方法です。 ふっくら盛り上がる、というポイントをうまく使ったデザインにすれば、通常のオリジナルTシャツよりもひと味もふた味も違う、素敵なものが出来上がります。
例えば、ちょっと丸みがかったフォントを使ったデザインや、動物のイラストなどは、ただ平面的に印刷するよりもインパクトが出て面白いものになります。
一例を挙げると、猫や犬などの肉球などは、まさにうってつけのデザインです。肉球がふかふか盛り上がっていたら、着ていてもきっと楽しくてウキウキしてくるのではないでしょうか。もしかしたら周りの人から「触らせて!」なんて、人気者になってしまうかもしれません。

Tシャツのスポンジプリントの活用例

Tシャツのスポンジプリントの活用例 オリジナルデザインのTシャツを作るときに、ポイントとなるのがデザインのプリント方法です。いろいろな方法がありますが、柔らかくポップな雰囲気に仕上げたいときには、スポンジプリントが適しています。
仕上がりの状態が、ふっくらと盛り上がったような状態に仕上がるだけでなく、カラーにラメを混ぜたり、パールを入れて光沢感を出すことも出来ます。 ふんわりとした柔らかい仕上がりとなるので、活用例としては子ども用のTシャツやポップな雰囲気のデザインがあります。
全体的に使用するのではなく、ポイントとなる一部分にだけ、この手法を使うことで、よりアクセントになったり、メリハリのあるデザインに仕上げることができます。カラーバリエーションも豊富なだけでなく、ラメやパールを混ぜることで、光沢によって色の変化が楽しむことが出来ます。
実際のインクのカラーよりも、少し白っぽく仕上がる傾向にあるので、カラー選びは慎重に行いましょう。